« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

春、サクサク 【小嶋屋総本店(小針)】

春よ来い、とりあえず「春」よ来い。
財布の中にも春よ来い。
いのぴーです。

Img_0139

さて、来るは小嶋屋総本店。
そばを食べたいなら、界隈ではここくらいしか思いつきません…。

現在キャンペーン中、「旬、春のおすすめ」フェア。
おすすめされたら、断る理由ここに非ず。
小嶋屋は結構お高いイメージですが…(もちろん安くはないですが)、
1,500円程度ならまだ許容範囲。
たまの贅沢に、いいじゃない、少しくらい。

Img_0142

というわけでこちら、春彩天ざる(1,350円)
てんぷらラインナップは、
天然海老、イイダコ、サヨリ、新竹の子、たらの芽、春ごぼう。
僕が一番ヒットだったのは、イイダコ。
一口サイズで、非常に食べやすかったです。
海老もぷりっぷりやった…。

肝心のそばの方ももちろん美味しかったです。
そば粉とつなぎの割り加減が絶妙なんだと思いますが、
ボソボソしてなくて、とても食べやすい。
新潟の蕎麦はつるっと食べれて好きです。

Img_0146

落ち着いた雰囲気でくつろげるし、店員さんもこまめに回ってきてそば茶を注いでくれます。
いやぁ、いいですなぁ。

Img_0143

スーパーで束を78円とかでまとめ買いする身としては、
桁の違いにまず引いてしまいます…が、
やっぱり美味しいんだよね。
めったに来れないので、家でもこの味が楽しめるなら安い買い物かもしれません。

小嶋屋総本店ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラオカン行ったら、チャーハン食おう

前期日程の合格発表がありました。
雨天でしたが、いのぴーもその場に居合わせておりました。
すでに、5年も経っているのですね…10代の頃が懐かしい…というか嘘みたい。

そんな、いのぴー(冬)です。

「ラオカン行ったら、チャーハン食おう」
と誰かが言ったので、炒飯を食べることにしました。

Img_4928

炒飯、600円。大盛、50円。
決して、学生には安くないお値段かもしれません。
けれど、それでもリピーターがいるのには理由があるんですよ。

そう、量だ…!!

押し寄せる圧倒的な量…そして素っ気無いと見せかけて本格的な中華…!!

Img_4926

秘密は、おそらく厨房の中華なべ。

Img_4929

うーん、モザイクかかっちゃいました。
中華なべの火力で一気に仕上げているから、ご飯がぱらぱらなんでしょう。
The炒飯。

ちなみに、スープがサービスで付いてきます。

全体的に言える事ですが、中華は基本的に味が濃いですよね。
塩っ辛かったり、油っぽかったり。
そういうのが苦手、という方にはあまりオススメしません。
そういうのが無性に大好きな若者や酒好きにはたまらないでしょう。
いのぴーは基本濃い味派です。

けどしかし、新潟は寒い…春よ来い。
いろんな意味で、春よ来い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »