« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

★不動の人気を誇る、永遠のスタンダードメニュー★

場所は小針十字路すぐ近くのビデオ1のとなりです

H20_007

ここのおすすめはハンバーグなのですが、今日はステーキを食べてみました。

お店の中はアメリカの西部劇の中に出てくるような雰囲気でとてもイイ感じです

H20_003

今日はランチステーキ1200円です。食膳に出てくるグリーンサラダが絶妙に

おいしいです。実は私は、きゅうりが食べられないのですが、このサラダの中に

は嫌という程きゅうりが入っています。それでも、ブロンコ特性のドレッシングの

おかげで、サラダも大好物です heart04 おいしすぎて写真をとる前に全部食べて

しまいました coldsweats01

H20_004    H20_005

次は待ちに待ったステーキです。これもまた、肉質がやわらかく、とてもジューシ

です。本当は、言葉にならないくらい幸せな味なのに、言葉にするとこんなもんで

す coldsweats01

H20_001

食後にはコーラが無料で付いてきます。会計時にはお口直しのガムがもらえて

とても満足な気持ちになれます  heart01

余談ですが・・・

ステーキのおいしい焼き方 bell

  • ステーキのおいしい焼き方は、最初強火で約三十秒焼き肉の表面を固めて肉汁を逃がさないようにしましょう。
    よく慣れたフライパンに油を強火で熱し、煙が出始めるくらい熱くなったら盛りつけて表になる方から肉を入れましょう。高温に当たってたんばく質が固まり、これがガードとなって中心から押し出されてくる肉汁の流出を防ぐ事がおいしい焼き方の秘訣です。。約三十秒程度経ちましたら肉に均等に熱を加え、焼き色をそろえるためフライパンは時々前後に揺すって肉を移動させます。
  • 厚い肉ほど強火の後の弱火は長くします。
    表面が強火でガードされたら、あとは火力を弱めます。そうしないと中心に熱が届かないうちに外側が焦げてしまうからです。焼いている途中、時々持ち上げてフライパンを傾け、底に油を回します。これは、肉の重みで肉の下の油がはじけてなくなるためです。裏返して焼くときも同様です。
  • 肉は一度返しで焼き上げます。
    一度返した肉を再び裏返すことは、折角、肉の表面にたまったうまみのある肉汁を失い乾燥状態となり、艶も悪くなります。
  • その他
    肉は焼いている途中で赤身の部分をフォークで押さえたりすると、肉汁が外へ流れ出るのでしてはいけません。裏返すときも肉の端を持ち上げるようにしましょう。焼き油の分量は、脂身のある肉の場合は小さじ一位。脂身の少ないヒレやらんぷではその二倍にします。ただし、フライパンの大きさや焼き時間に応じて加減するとおいしい焼き方で出来上がったステーキの完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★・・・・・一度食べたら癖になる・・・・・★

薄皮たい焼き「たい夢」

H812_007

以前に冷めた薄皮たい焼き「たい夢」を食べたことがあるのだが、その時はさほど

おいしいとは思えなかった coldsweats01 しかし、今日出来立てを食べてみてビックリ。

めっちゃオイシイです! 冷めた時用に、持帰用の袋に「あたため方」を書いてくれて

はあるのですが・・・ ぜひ出来立てを食べてみて下さいnote note note

H812_008

薄皮のパリッとした歯ざわりがなんともたまらない lovely 

中身はふわっとして、ぎっしりあんが詰まってる。なんかシンプルだけどすごく

はまりそうな confident このサクサク感はある意味 衝撃的 です wobbly

H812_010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★・・・仙台が発祥の地・・・★

今日は、新潟大学西門すぐ近くの坦々麺屋にきました

P1010169_2

ごまだれ冷やし中華780円を注文しました

P1010168_2

今日みたいにめちゃくちゃ暑い日はすごく食欲が落ちます sad

そんな日は、夏の冷製麺の定番、冷やし中華に限る。酸味に食欲がそそられます

し、のど越しの良さも暑い日には格別ですね beer

ただ、ここのお店は具だくさんのカレーライスもおすすめですよ lovely

余談です① happy01

意外と知られていませんが、実は冷し中華は仙台が発祥の地

そもそも冷し中華が仙台に誕生したのは、昭和12年のこと。 中華組合の人たちの

間から、「夏になると熱い中華料理ではどうしても売上が落ちてしまう。夏でも売れ

る中華はないものだろうか」という意見が出たのがきっかけだそうです。

余談です② happy01

●体が疲れた時は、ショウガ焼き定食がおすすめ
ビタミンB1不足は、疲れやすい、食欲不振など、夏バテの原因に。
豚肉には牛肉の10倍ものビタミンB1が含まれているうえ、ショウガ焼きにすれば、
ショウガに含まれる成分が胃液の分泌を促してくれるので食欲も増し、夏バテ解消にはピッタリです。


●肉料理のデザートにはキウイフルーツを
1個で1日に必要なビタミンCが摂取でき、整腸作用、便秘予防にも効果的なキウイフルーツ。
たんぱく質分解酵素のアクチニジンが含まれているので、肉料理と一緒に食べると、消化を促進し胃もたれを防ぐ強い味方に。


●虚弱体質の人は、麦とろ定食で体質強化
ヤマイモには消化を促すジアスターゼのほか、ムチン、アルギニン、サポニン、コリンなど、疲労回復や虚弱体質の改善に役立つ
微量栄養素がいっぱい。麦にもたんぱく質やビタミンB1、B2が豊富なので滋養強壮には麦とろ定食がピッタリといえそうです。


●ソバを食べて疲労回復
ソバは、他の穀物に比べてたんぱく質の栄養価が高く、動脈硬化を防ぐルチンも抱負。
また疲労回復に効くビタミンB1、B2も多いので夏バテぎみの人にはおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »