トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

「うめこまち」の定食。

今日は車に乗っていたので、すこし遠くまでいけるなぁ、と思いながら向かった先は「うめこまち」。工学部の坂を降りきった交差点のところにある定食屋です。

料金前払い制のここは、とてもリーズナブル。昼も夜も結構混んでます。

値段学生向け  ●●● 高級
 ●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●● 少数
その他
広い駐車場有
料金前払い制
制覇メニュー
唐揚げの定食
チーズとんかつ定食
新大ナビショップマップ情報

さーて、ここの目玉は「定食」です。メニューがA〜Cまであって、580〜600円くらいです。これでたらふくたべられますね。ご飯の量も確か大盛りまで無料だったかな?オススメです。

でも、なんとなく今日は定食じゃなくて、メニューを見ていたら目に飛び込んで来た「チーズとんかつ定食」690円+ダブルチーズ50円740円を食す事に。

Img500

ころもがパリパリサクサクにあがっていておいしいですが、脂身が随分多くて、肉の脇がコリコリします。チーズをダブルにした割には、あんまり主張してこないしちょっと残念かなぁ。
というのは、値段の割に残念かなぁということです。おいしいんだけどね。

定食が随分安い分、な〜んとなく損した気分になってしまうというオチでした。

ここのお店は家庭料理的な味というよりかは、安心出来る「定食屋の味」です。工学部方面の人ではないと少し遠いですが、足を運ぶ価値はあります。ぜひどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かねこ(2号店)横浜館でリーズナブルにたらふく食べる!

先週の金曜日、僕にしては珍しく(?)後輩3人を連れて、「かねこ横浜館」へ。場所は大学周辺の食べ物屋さん街からは少し離れています。西門出て信号を渡ってから西へ歩いて行くと電信柱に看板が出ていますので、左折しましょう。坂を下ると、黄色い大きな看板が見えてきます。

値段学生向け  ●●● 高級
●● ●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●●● 少数
その他
とにかく安い!
麺の料はダブル、セミダブル
など選べ、選択肢が広い
制覇メニュー
ラーメン類、カレー類etc...
新大ナビショップマップ情報

このお店、以前紹介した「とんかつかねこ」の2号店(とんかつかねこのマスターの息子さんが経営しているそうです)で「横浜館」という名前がついています。なんで横浜なんだろ。

最初入ってココのラーメンを食べた時のことを今でも覚えています。「なんじゃろ、このラーメンは!?」。クセのあるようなないような。さっぱりしているのか、していないのか。すべてが謎に包まれている感じがして、どうしてもまた食べたい!という衝動にかられたのを覚えています。

このお店はメニューが多いし、麺の料が選べたり、女性には食後のアイスが無料だったりと、楽しい選択肢が多いお店ですね。そう言う訳で、誰かと一緒に来てワイワイしゃべりながら、というのに良い場所なんではないでしょうか。

Img496

ラーメン&チャーハン。600円。ちなみに写真のラーメンは麺の量がダブルです。かなりお腹いっぱいになります。「ラーメン&なんとか」っていうシリーズがたくさんあります。

カレーも美味しいのでおすすめです。何ていうか、やっぱり家庭の味なんですよねー。

Img498

食後のデザート(女性は無料サービス。男性は100円で)、チョコミントのアイスクリーム。甘くていて壮快な味わいのアイスなのでペロリといけてしまいます(ちなみにミントが結構きついので「歯磨き粉のような味だ」というコメントも有)。アイスの種類も豊富なので選ぶのも楽しいですね。

いつも一人で来る時に座るカウンター席はとても座りやすい(椅子が高い)のですが、座敷席は結構窮屈です。

そして、アイスしか奢らなかった先輩が一人ここに居るのは内緒です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老広東料理店のエビ炒飯

さて今日も寒かったので、暖かいものを食べたいなと思いつつ、昼食が軽かったので腹ぺこで満腹になりたい!の一心で入ったのは「老広東(ラオカントン)料理店」。100円ショップなんじゃ村の近くです。

値段学生向け ●●● 高級
●● ●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●●● 少数
その他
料理人は1人
制覇メニュー
炒飯、餃子etc...
新大ナビショップマップ情報

このお店は夫婦(だと思います!)で切り盛りなさってる暖かいお店。料理人はご主人一人なので、大勢で行くと料理が出てくるのが最初と最後の人でかなり時間差が出来るので要注意。

Img494

エビ入り炒飯780円。ちなみに普通の炒飯は600円です。このお店に入ったらカウンターに座る事をおススメします。ご主人の料理する姿がとても見ていて楽しい(笑)。火力の強いコンロ2基を使ってリズム良く調理しています。写真だと量が少なく見えるかもしれませんが、スープのカップの大きさと比較して下さい。かなり多いです。大盛りにすると腹9分目を余裕で超えます。ちなみにここの餃子は大粒です。

今日は寒かったせいか、入った時点でお客さんは僕一人でした。ただ後から団体客が2組ぐらい来ましたが。いつもは混んでいてなかなか入れないこじんまりしたお店ですが、それがまた味をだしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い冬に「とん汁定食」はいかが—とんかつかねこ

雪というかみぞれというか、なんとも天気がわるいですね。そして本当に寒い〜!こう寒いとお店までいく道のりもなかなかおっくうになってしまいますが、それでもがんばってお店に入ってあったかいものを食べる瞬間は至福の時になるのです。

今日紹介するのは「とんかつかねこ」。新大前駅から行くと、新大正門のすこし手前にあります。

値段学生向け ●●●● 高級
●● ●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●● 少数
その他
駐車場有、メニュー豊富
制覇メニュー
名物かつどん、
チーズトンカツ定食、
サービスセット、
とん汁定食etc...
新大ナビショップマップ情報

実家暮らしをしていれば、「とんかつ」なんてそんなにしょっちゅう食べるものじゃないですよね。でも、このかねこのとんかつは、そんな感覚をなくしてくれるとんかつです。つまり、いつでも食べたくなる家庭の味というか。

このお店はメニューが豊富。豊富すぎ。選ぶのを迷います。といいつつも僕は、チーズが好きなのでチーズトンカツを頼むか、サービスセット(チキンカツと炒飯)を頼むか、なのですが、「サービス品」の欄に新しく「とん汁定食」600円なる文字が!

Img492

チキンカツ、冷や奴、ひじきがついてこの値段はとてもリーズナブル。そして豚汁がとてもほっかほっかでうまかった。満腹&暖まりたい人は是非どうぞ。

3段カツ丼とかあるみたいですが、すごい量ですよ。個人的には、量勝負なものってちょっと見ていてあんまり気持ちよくはないんですが、量の割に安いので大食いしたい人も良いと思います。

ちなみに僕はこのお店でちょうど一年前の寒くなった頃、靴をはき違えられて盗まれた事があります。それ以来、大人数で座敷に上がる事無く、一人カウンターで食べています。間違えられたくない人は札でも靴に差し込んでおくと良いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万人家大学店は、おいしいんだけど、

いきなり冷え込みまして、季節が冬にかわりました。僕の周りも風邪をひいている人が多くていやになっちゃいます。マスクをしなさい!マスクを!

さて、自転車をこぐと鼻をつんざくような寒さの中、「万人家」大学店に行ってきました。

値段学生向け ●●●● 高級
●●●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●●● 少数
その他
30席程
制覇メニュー
ちゃーしゅーめん
高菜らーめん
新大ナビショップマップ情報

久しぶりに入りました。今日は「高菜ラーメン」680円を食べる事にしました。

Img491

見た目はあまりきれいじゃないですけど、高菜がもっこり乗っています。ツンとした匂いが最初しますが、これが唐辛子がピリっと効いていて、ラーメンのスープに合うのです。万人家はちゃーしゅーめんが有名(食べきれない程のちゃーしゅーが浮いています)なので、さすが高菜ラーメンでもチャーシューが豊富に入っています。

店員さんが2人しかいないので、出てくるまでかなり時間がかかりました。昔懐かしの(?)、よくファミレスにおいてある占い機がおいてあるのがそれを象徴しています。

あとね、これは個人的なレベルの問題かもしれませんが、やっぱり万人家のラーメンは脂っこい!チャーシューが多い。ちゃーしゅーめんを注文した時、すごくいっぱいいっぱいだった記憶があります。高菜ラーメンでも結構きました。というわけで、脂っこいものすきなひとはどうぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟大学生協のお弁当~♪

新潟大学の生協のご飯はどこよりもおいしいというウワサがあります。といわれても、比較したことが無いのでわかりませんが。今度機会があったら大学対抗学食対決(独断)でもしてみたいかなと(笑)。

新潟大学は第一食堂(一食)、第二食堂(二食)、第三食堂(三食)とあります。実は学生が利用できない通称・「ゼロ食」っていうものもあります。

新潟大学生協の特徴はお弁当がとても安くておいしいということ。

Img481

値段は350~450円くらいで、ご飯の上におかずが山盛りーっていう丼パターンのものと、あとはコンビに弁当のようにご飯とおかずが分かれているものがあります。そして、一番重要なのが、この弁当容器のリサイクルです。

Img482

容器のふちのつめを折ると、このように、硬くて白いプラスチックの部分と、赤いフィルムの部分に分けることが出来ます。赤いフィルムはビニールゴミへ。白い容器は専門の回収ボックス(大学内のそこら中にあります)へ。これできれいにリサイクルできるわけです。

この説明は、入学時の「大学生協オリエンテーション」(入学式の前日に生協の学生によるオリエンテーションをしてもらえるのです)の際に説明を受けます。ちなみに、「きれいにリサイクルする」からと言って、白いプラスチック容器がそのまままた使用されることはないとのことです(笑)。ちゃんと一回とかしてからまた作り直すそうな。

ちなみに、このリサイクル弁当容器、環境を考えるサークル「ROLE」によって普及活動がなされています。サイトをどうぞご覧下さい。

おいしいご飯はおいしい環境から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100円寿司のメッカ!かっぱ寿司新潟坂井店

今日はお寿司です。100円の回転寿司の定番「かっぱ寿司」が新潟大学前駅の近くにあります。行ったのは昨日なのですが、あんまり混んでいませんでした。ただ、休日や金曜日などはいつも混んでいます。平日でも7〜8時位は比較的混んでいる時間です。

値段学生向け ●●●● 高級
●●●
雰囲気大衆的 ●●● おしゃれ
大勢 ●●●● 少数
その他
駐車場が広い
制覇メニュー
一通り?茶碗蒸しetc...
新大ナビショップマップ情報

回転寿し店は、混みすぎててもあれだし、空きすぎててもあれで…まぁ、そこが楽しいところなんですけれども。

Img488

さて、いくら100円寿司とはいえ、ついつい沢山たべすぎてしまうと、あっさり1,000円近くなる可能性もあります。というわけで、僕はこういう食べ方をします;

1.とりあえず、茶碗蒸し(157円)を注文。
2.出て来て、それをゆっくり食べながらレーンが一周するくらいまでとりあえず見る。
3.レーン上にある新鮮で美味しそうなものをとる
4.食べたいものを注文する
5.カロリー表があるので、カロリーの高いものを食べる!(重要)

そんな感じで行くとですね、茶碗蒸し+皿6枚位で収まるのではないでしょうか。つまり、157+630=787円ですね。もう一皿食べたとしても、892円。

Img489

さて、 一人でいくといつもレーンの最下流に座らされます。まぁ、注文すれば良い話なのであんまり関係ありません。それよりもその席の横の壁(?)にこんな表示が。

レーンをまわすチェーンかベルトかを調節する部分らしいです。この場合の「テンション」は「張力」の意味ですが、普段何気なく"テンション"という言葉を使っていて、その意味を知ってますか?

テンション[tension] 緊張、不安

と言った意味ですね。「テンションが高い」っていうと、なんだかハイになってる感じを想像しますが、本当の意味だと、「緊張度が高い」ってことですね。ほぉ、緊張度が高いと人間はハイになるんですか(多分違う)?!我々が今使う「テンションが高い」という意味で慣用されるようになったのはなぜなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩野菜らーめんby幸楽苑(Part2)

麺続きのグルメナビですが、お付き合い下さいませ(笑)。幸楽苑の「塩野菜ラーメン」です。

値段学生向け ●●●● 高級
●●●●
雰囲気大衆的 ●●● おしゃれ
大勢 ●●●● 少数
その他
駐車場が広い
制覇メニュー
中華そば、餃子、炒飯、
塩野菜らーめん、
ざるラーメンetc...
新大ナビショップマップ情報

2回目のレポートとなりました。ざるらーめんに引き続いて僕の好きな塩野菜ラーメンは野菜たっぷりでとても食べやすいあっさり味です。

Img487

そういえば、写真に写っていないんですが、炒飯を久しぶりに食べたら、味が微妙に変わっていました。気のせいかな?でも、これまで何回かかわってる 気がするので、いろいろ改善しているんですね。

たかがラーメンでもなんでこんなに店によって味が違うんでしょうか。出汁、香辛料、調理法…いろいろ要素はあると思うのですが、たとえそれが一緒だったとしても最後の何か、何かが違うのでしょうね。料理って音楽と似ているところがあって。リズム、和声、音色の選択…そう、適当なそれっぽい音楽は簡単につくれるんだけれど、それ以上の何かって見つけるのがとても難しいんですよ。

こうやって店を出せて、チェーン展開できるというのは、音楽で言えばインディーズデビューして全国デビューみたいな感じですよねぇ。そう思うと何気なくこうやっていつも入る店が特別に見えてくるから面白いものです。

あ、そうだ。チェーン展開で思い出したけど、幸楽苑の店員はとてもマニュアル化してます。ちょっとイヤミったらしいくらいマニュアル化してますが、最近のコンビニみたいに、それが店員の普通のあり方だと思ってしまえば不思議ではなくなってしまうから滑稽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴりっと辛い、坦々麺屋。

今日は新大西門の目の飲屋街の中心にある、「坦坦麺屋」の紹介です。僕は家が近い事もあって結構しょっちゅう行きますね。新大に来てから初めて入った麺屋さんもここでした。

値段学生向け ●● ●● 高級
●●●●
雰囲気大衆的 ●● ●● おしゃれ
大勢 ●●  少数
その他
食券前払い
学生大盛orライス無料
制覇メニュー
担々麺、カレーライス、
担々麺セット(炒飯)、
しょうゆラーメンetc...
新大ナビショップマップ情報

はい、看板メニューの「坦々麺」530円です。

Img483

このお店に入るまで「担々麺」なるものを食べた事が無かったので、全然想像がつかずに注文をした記憶があります。しかも、大盛り無料だもんだから「担々麺大盛り」注文して、すごく辛くてふーふー言いながら食べた記憶があります。

結構辛いんですよね。僕はそれ以来、担々麺を注文するときは無料の「ライス」にしています。ライスを注文し、その上にラーメンの具(?)である、ネギやそぼろを乗っけて担々麺のスープをかけて食べる、というパターンです。ライスはおかわり無料なので、2杯は食べますね。

しょうゆラーメン(同じく530円)を注文するときは、大盛り無料で行きます。カレーライスもありますよ。

麺を太麺か細麺か選べるのですが、僕は太麺派です。ただ、麺の湯で具合が作る人によって違うという噂もあります。「いつもの細麺がなんだか太い!」とか。多分思うに、混雑していて、茹でるお湯を替えるヒマがないからそういう状態になってるんじゃないかと思います。

そうなんです、西門に近いという事もあっていつも混んでいるんです、このお店。でも回転が早いからちょっと待てば入れます。なんだかんだと噂や評判はあるのですが、それだけみんなが利用している店だと言う事ですね。

高級な味では決して無いけれど、なんだか無性に食べたくなるときがある味なんですよね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめやラーメン(新潟大学正門前)

今日はラーメン店。新大周辺にはたくさんのラーメン店があります。それぞれ個性があっていい店ぞろいですが、今日入った「はじめやラーメン」は最近、新大正門前にできたお店。前はカンゴシナという飲み屋だった場所ですね。外装は木を全面に出してこじゃれています。

値段学生向け ●●●● 高級
●●●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●● 少数
その他
駐車場3台有
制覇メニュー
しょうゆラーメン

しょうゆらーめん620円をたべました。あと、餃子。

Img480

醤油スープがとても濃厚で、麺もしこしこの中太麺です。餃子はおいしいけどまぁ普通。今日はじめて入ったので、とりあえずしょうゆラーメンを食べてみましたが、うーん、なんだろうなあ普通に美味しかったけど、「普通」なんだよなぁ。

どの店にもその店の特徴的な味みたいなものがあって、その特徴がその店に僕らの足をはこばせると思うのですが、それにイマイチ欠けるような気がします。また行って他のラーメンもたべてみようと思いますが、すこし値段が高いかな。

店の内装は白を基調に白熱色の電装で、とてもおちついています。畳(もどき)席と、カウンター席/椅子席にわかれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・家庭の味、「大吉」大学前店

定食屋さんの「大吉」です。僕が思うにこの店の味は「ザ・家庭料理」だと思うんです。

値段学生向け ●●●● 高級
●●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●● 少数
その他
食券前払い、駐車場が広い
制覇メニュー
餃子定食、とり唐定食etc
新大ナビショップマップ情報

おススメは「餃子定食」650円

Img479

このボリューム満点の餃子が美味いのです。定食屋さんに行くと、大体注文したくなるのは、「餃子」「炒飯」「とりの唐揚げ」といったところでしょうか。そこでどうしても僕は比較をするのですが、大吉の餃子は分厚いかわとそのなかにたっぷり入った具と肉汁がGoodです。

大吉の炒飯はずっと前に食べたことがあるのですが、あんまり印象に残ってません。とりの唐揚げは、ボリューム満点です。

噂では「大吉 国道店」(116号沿い)の方がおいしいとか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸楽苑のざるらーめんが大好きです

ラーメンチェーン店の幸楽苑(こうらくえん)です。とりあえず、なんと言ってもラーメン(中華そば)が304円という安さ。それでいておいしいという素晴らしいお店です。

値段学生向け ●●●● 高級
●●●●
雰囲気大衆的 ●●● おしゃれ
大勢 ●●●● 少数
その他
駐車場が広い
制覇メニュー
中華そば、餃子、炒飯、
塩野菜タンメン、
ざるラーメンetc...
新大ナビショップマップ情報

ラーメンも色々な種類があって、どれもリーズナブルで迷ってしまいます。セットメニューもAからDまであり、ご飯系と餃子を一緒に食べたい人向けです。

僕は、「ざるラーメン」が好きですね。これ、ハマりますよ。写真をご覧になればわかると思いますが、そばやソーメンをたべるようにラーメンをつゆにつけて食べるのです。つゆは酸味がほどよくきいていて美味しいです。チャーシューとかメンマとか入ってます。

Img478

「ざるラーメン」(409円)+「Dセット(餃子とカレー)」(420円)で829円。もちろん満腹です。

ネット上の情報を検索すると、幸楽苑を批判的に書いている人が多く見られますが、どうも僕は納得いかず。

お昼休みの時間帯はいつも駐車場が満車状態、自転車も沢山とまっていて、混んでいます。それが味を保障している証拠ですね。

夜もそれなりに混んでいますが、入れないほどの状況に遭遇した事はありません。

幸楽苑の炒飯はとてもパサパサしていて最初戸惑いましたが、最近はそうでないですね。カレーも最近おいしくなりました。餃子は結構小さめです。さめやすいので早く食べましょう。パクパク食べられる大きさなので連続して食べるおいしさがあります。あと、ラーメン屋で食べるデザートもおいしいんですよ、これが、うん。

幸楽苑新大前店
http://www.kourakuen.co.jp/shop/niigata/niigata/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟大学生協第二食堂「夕食バイキング」

最初の記事は新大の「第二学生食堂」、通称”二食”の紹介。昼、超満員になる二食もさすがに夜はそれほどでもありませんが、なにせ広いのでそう見えるだけかも。さっき入ったときは20人弱は居たかな?二食の夜の営業は18時から20時まで。

値段学生向け ●●●● 高級
●●●●
雰囲気大衆的 ●●●● おしゃれ
大勢 ●●●● 少数
その他
自分で量を調節出来るバイキング形式
制覇メニュー
全部!?

バイキング制で、1g 1.26円の量り売り。
なので、ちょっと慣れていないと盛りすぎちゃうかも?!

Img477_2

ライスのM 126円とおかずの皿419円で合計545円。ご飯は白米だけの日と、発芽玄米もある日とあります。

盛るコツとしては、大きな皿と空腹を目の前にすると、ついついとりすぎてしまうので、まず皿の4分の1をサラダ(キャベツ)で埋める!それから、なるべく軽そうな天ぷら系を乗せて、最後に肉などの重いものをチョイス。

筑前煮がおいしいんです。鯖も美味しいです。なかなか、普通のお店に行くと、こんなにバラエティ豊かなおかずは食べられないので、肉も魚も食べたくなったら二食へGO!でしょう。

カレーライスもあります。おかずを少なくとって、カレーを注文というのが一番安くてお得な気分に浸れるテですね。

この量り売り、慣れてくると、大体値段の検討がつくようになってくるので面白いところです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”新大グルメナビ”へようこそ♪

Banner

Gourmetnavi_2

新潟大学周辺食情報決定版、「新大グルメナビ」!

新大周辺はおいしいお店がいっぱい。
米どころ新潟ならではです。
隣県、遠方から新潟大学に来る、あるいは現在新潟大学に通っている皆さん!
このブログは学生の食生活を学生目線で赤裸裸に語ります。
学生生活の一端を垣間みて頂ければ嬉しいです。

☆サイトへのアクセスは「gurume.niigatadaigaku.jp」でもOK♪
☆このサイトはYahoo!登録サイトです。
  mixiコミュニティ「新大グルメナビ!」に入って応援してください!
☆新潟大学ポータルサイト「新大Life」コンテンツです。
☆「新大ナビ」さんと提携をしております。

☆食リポーターも募集中!
このブログに、飲食店で食事した際の記事を定期的に書いて謝礼をGet
味にうるさい人、おいしいものを誰かに教えたい人、外食が多い人、etc...
ぜひリポーターになって一緒に「新大グルメナビ」を盛り上げましょう♪
詳しくは、「学生アパート紹介所」まで!

☆学生ブログRankingに参加してます♪
 記事を読んで参考になりましたらぜひクリックお願いします。

☆記事はこの広告の下↓↓からです♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2007年12月 »